血を吸う大地のよろずブログ

マイナーソフト集まれ!只今無名な映画&ゲームをサルベージ中!!自腹で購入した各種ソフトをズバっとレビュー致します!

ジラの夏①~ブサイクイグアナの出生~

今週のお題「映画の夏」

前書き

主に監督二人の影響による炎上がひっきりなしでしたが、

「シン・ゴジラ」も無事、公開。

どうやら大好評な様子ですね! 完成してホントに良かった…

製作スタッフの皆さん、お疲れ様でございました。

 

ん?お前はレビューしないのかって??

実はまだ未視聴なのでシンゴジレビューは、またの機会に。

んで、今回の話題なのですが…

 

………もう時効だろうし…

そろそろ皆で語り合いませんか??

世界を敵にまわしたブサイクイグアナ君について

 実はトラブル続きだった製作 

コイツを話題にすると世の怪獣たち(と怪獣マニアの軍勢)が

家に総攻撃して来ないか、心配で心配でならなかったのですが、

流石にもう内容を覚えてるヒトは粗方絶滅したハズでしょうし、

本日は思い切って、冷静に当時の状況を解説してみたいと思います。

 

コイツがシャバに解き放たれるまで、実は色々と紆余曲折がございました。

まず「東宝」と「トライスター」、この二つのプロダクション同士の対立。

 

まず最初に、アメリカでゴジラをリメイクする‼という

アナウンスがあったのが1990年初頭の出来事でした。

しかし、ハリウッドのトライスターは

『「ゴジラ」という財産を全てトライスター側が所有』し、

尚且つ『今後、東宝が「ゴジラ」を製作する事を一切禁止する』という

理不尽極まりない条件を日本側へ通達。

当然、東宝は不服とし製作へ至る交渉は、速くもビキニの暗礁へ。

 

結局、「高額なギャラをゴジラに支払う」という形で一先ず決着。

その他、「フィルムに東宝のキャラクターを登場させない」等、

様々な条件付きでようやっと、製作にゴーサイン。

1995年の公開を目指し、プロダクションが動き始めます。

まず最初に監督として白羽の矢が立ったのは、ヤン・デ・ボン氏。

 

シネフィルで知られるデ・ボン監督は、ゴジラのファンでもありました。

彼は高倉健さんを交えたテストショットに加え、

敵役「グリフィン」との対決を想定したプロットも作成。

しかし、諸般の事情によりまさかの降板。

デ・ボン監督は、その後「ツイスター(Twister '96 米)」製作、公開します。

 天災を描いたディザスタージャンルをメジャーに押し上げた本作ですが、

「バカパニック映画の筆頭」としても知られ、否定的な意見もあります。

私自身は好きです、このツイスター(笑)

加えて、本作にはデ・ボン監督の未練とか執念が見え隠れしてます。

 

やはりデ・ボン監督は「ゴジラ」を撮りたかったらしく、

「ツイスター」には「怪獣王を撮るならこうしたい!!」という

彼なりの破壊のカタルシスがありありと観て取れます。

シナリオの出来はともかくとして、

実際劇中の「ツイスター」が住宅をなぎ倒す描写は圧巻の出来。

 

製作が難航し、イグアナがハリウッドでまだかまだかと燻ってる間、

公開された「ツイスター」は大ヒットし全米を席巻、

見事ブロックバスターとなりました。

身動き取れない不細工イグアナ

一方、ゴジラリメイクの新監督として

「インディペンデンス・デイ(ID4 '96 米)」を撮り終え、

いよいよ天狗大物となったローランド・エメリッヒを迎えた

不細工野郎イグアナチームの方は待てども待てども進捗しない事態に。

 

一説には東宝側の審査がかなり厳しい物で、

ハリウッド側で思うように製作出来なかったとの指摘もあります。

実際、エイリアンとイグアナの間の子のようなデザインは

東宝側に提出した複数の草案に雑じった没デザインが、

たまたまOKになり起用へと至った、とのウワサもあったり(汗)

 

新体制に切り替え後、早くもgdgdの様相のプロダクション。

加えて当初'95年には公開‼としていた物が2年、3年と経っても

封切とならず、ズレにズレてしまい、

脚本も細やかな設定も中途半端、

登場人物の掘り下げも充分とは言えずに製作は進行。

 

その結果…ハイパーなクソ映画が仕上がりましたとさ

主演のタトなんとか博士演じたマシュー・ブロデリックも

ヒロインのマリア・ピティロも、フレンチ軍人のジャン・レノも

とにかく冴えないし、ギャグは下品で滑ってるし、

批評家ロジャー・エバートそっくりのNY市長とか、

日本人にはやや伝わりづらいネタだし、第一エメリッヒ!

てめーの勝手の私怨だろ!実際どの映画もつまんねーんだよ!!

ロジャー自身の啖呵の方がよっぽどウィットに富んでたしウケてたぞ!!

しかも、後半なんだコレ?まんまジュラシックパークじゃねーか!!

結局爆発オチかよマジつまんねーミサイル程度にやられてんじゃねーぞ!!!

 

御目汚し、大変失礼致しました。

まぁコレ観て冷静に対処とか無理ですわ。クソですもん。

とりあえず今回はここまで。

 

「そんな事無い!!エメゴジこそ至高の怪獣王!!」だと信じて疑わない方へ

表出ろや

次回はエメリッヒ版ゴジラが

如何にヒドイ出来だったかを振り返りたいと思います。

 

それでは皆様、暑い時期が続きますが、

体調を崩さぬようにお気を付け下さい。

サヨナラ…サヨナラ…サヨナラ…ノシ

 

第二回

www.eartheblood-sucker.com

第三回

www.eartheblood-sucker.com

シンゴジレビュー

www.eartheblood-sucker.com