血を吸う大地のよろずブログ

映画&ゲームのマイナータイトル,サルベージ中……サルベージ中……

【ApexLegends】バンガロール解説+感想

職業軍人『バンガロール』

前⇐ライフライン…現在地…次⇒ブラッドハウンド

 

ApexLegendsキャラクター解説第三弾。今日はバンガロール。

エリート軍人の家系で戦争終結後もIMCの手先として働いていたらしい。が、作戦中のトラブルで分隊から切り離され、一人"Outlands"に取り残されてしまう。仕方なく情報と還る為の資金繰り目当てにApexLegendsに参戦する羽目に…こう書くとなんか不憫だが、まぁ本人は自信満々な事だし気にしても無いんだろう。

しかして、そのルックスは…

職業軍人『バンガロール』の画像

Crystal Kay

冗談はともかく、煙幕をまき散らすという原始的ながらも戦術に秀でて回転もそこそこなアビリティ、派手さこそジブラルタルに劣るが妨害効果が嫌らし過ぎるUlt、そして敵の攻撃に応じて加速するという脅威のパッシブ効果で、全キャラ中でも屈指の漢ぶりを発揮。

とにかく攻守に活かしやすいアビリティ構成で、単騎で色々な局面に対応出来る上、味方ロールとのシナジーで敵チームを容易く翻弄出来るのも頼もしいポイント。Apexを遊んでて「バンガロール相手にするのヤダ!」というプレイヤーも結構多いようだ。

一方で、スモークランチャーをただ撃ってるだけだと、その目隠し効果がかえって味方の邪魔になったり、装備に乏しいままであれば逆に出し抜かれたりする恐れもある。

プレイヤーの経験とシューターとしての勘が問われる、まさしくエリート軍人らしいストイックなロールとなっている。それでは早速、アビリティをご紹介。

◎パッシブスキル:駆け足

駆け足!の画像

被弾で加速するというトンデモスキル。発動するとスキルのアイコンがサイトの下あたりに出現、TF2における『興奮剤』のような極端なエフェクトは無く、ダッシュは5秒間ほど継続する。自分で操作している時より、むしろ敵のバンガロール撃った時の方が目に見えて速く感じ、サッサカサッサカ駆けて行く姿を初めて拝んだらきっとビビる事間違い無し。

とにかくバンガロールの生命線と言えるスキル。前述した通りだが敵バンガロールがコレを発動した時、加速に驚かされる事が多いので、ADS中の場合は焦らず照準を定めよう。駆け足発動で動き回るべきかどうかは状況にもよるので、自チームメンバーと敵の動きに合わせ、より効果的に場を攪乱させたい所。

改めて書くけど、回復するような効果は無く、あくまで足が速くなるだけ。AIMがニガテなプレイヤーにとっては、これだけで十分脅威的だが目の肥えたゲーマーならば冷静に的を絞ってくるし、平野部だと逆に悪目立ちする恐れもある。駆け足の効果を過信してゴリ押しすれば、当然チームの足を引っ張る事にも繋がるので注意!

また後述するアビリティとの併用も強烈で、チームとの共闘は勿論の事、バンガロール単騎で図々しく立ち回る事も可。詰めるも距離を置くも自在なので、是非ともモノにしたいパッシブだ。

◎戦術アビリティ:スモークランチャー

スモークランチャー!の画像

装填数:2発

効果時間:40秒程度

クールタイム:一発ごとに28秒

バンガロールが味方だと頼もしく、敵チームに居ると物凄く嫌われてる所以。

左肩部に格納されたランチャーを取り出し、シリンダー状の煙幕弾を放物線上に発射する。煙幕弾は着弾すると更に三つに分かれ、周囲を煙に巻く。弾数が二つストックされており、連続で打ち込める上、見かけによらず射程距離もかなりのもの。

また煙幕が覆う範囲は一発でもそこそこ広く、カスケーズ辺りの家屋に打ち込んだ場合、室内全体が真っ白になる程。数字で言うと5~7mぐらいか?二発連続で撃った場合、クールタイムの28秒が経過する毎に一発ずつ煙幕弾が再チャージされる。この数字だけ見ると「28秒?遅くない?」と感じるかもだが、煙幕が晴れるまでの時間が一回り以上あるのでほぼ気にならない。

効果は周りにケムリが立ち込める、ただそれだけで極めて原始的ながら、某蛇一族も散々話していたように視認性の低下が戦況にどれほどの影響を及ぼすかバンガロールはその身でもって私達に訴えかける。結論から言うと効果が強烈な為、度々Nerf対象になるであろうと目されている。とにかくこれとパッシブだけで敵チームに様々な択を押し付ける事が可能。また味方ロールとの相性も総じて高い点にも注目。

バンガロール:駆け足発動と同時に煙幕発射⇒回復or強襲or撤退

ライフライン:煙幕下でダウンした味方を強引に蘇生orドローン展開

ミラージュ:デコイ発射

ブラッドハウンド:Ult発動

レイス&パスファインダー:アビリティorUlt発動

煙幕を使った場合、味方の視界も奪われてしまうが、何かと応用が利くのでとにかく味方に撃っても良し、敵に対して撃っても良しな戦術アビリティ。特にブラッドハウンドのUltや各種デジタルスレットを搭載した武装があれば、敵チームを一方的に蹂躙出来る為、とりわけ凶悪なシナジーとなる。ミラージュやレイス等、便利だけど悪目立ちするアビリティも、煙幕の環境下であれば効果をより実感しやすくなるだろう。

しかしながら敵チームに利用される場合もあるので、煙幕張ったからと慢心せずに、十分周囲に気を配ろう。バンガロールをピックした場合は、味方を行動を阻害しない程度に、しかし敵チームを翻弄出来るようにスモークランチャーを自在に扱いたい所。

ちなみにランチャーは長押しでホールド可。任意のタイミングで撃つ事も出来る。煙幕弾にも10ダメージあり。コレでトドメを狙うのは若干無謀に思えるが…

◎Ult:ローリングサンダー

ローリングサンダー!の画像

ジブラルタルと何かと比較されがちなUlt。

ジブラルタルのそれが円状に爆撃を行うのに対し、バンガロールは帯状に爆撃が展開する。またジブラルタルの砲弾は着弾で即ダメージとなるのに対し、ローリングサンダーはスパイク状の爆雷が降り注いだ後、一定時間経過で爆発する。

ジブラルタル使った後だと「爆発が一瞬過ぎて地味」との声も多いが、問題は爆発ダメージより、遅延効果の方。

ローリングサンダーはアークスターと同じくプレイヤーの動きを制限する。

アークスターって何?って方に簡単に説明すると、プレイヤーを強制的に歩き状態に固定させるシュリケン上の爆弾って事。そしてローリングサンダーは、そのデバフを帯状に撒き散らす事が出来るというワケ。

ダメージレースで行けばジブラルタルに軍配が挙がりそうだが、バンガロールの場合はむしろこっちの遅延効果が凄まじく厄介で、帯状に降り注ぐ爆撃も場合によっては振り切り難く、このUlt一発で自チームが手玉に取られる恐れもある。

バンガロールのUltは爆雷が弾け飛ぶまで少し猶予があるので、遅延を喰らいたくなければ大きく迂回しなければならない。逆にUltを自分で発動して手ごたえがあったなら、一気に敵チームへ肉迫する事も簡単だ。使い始めは戸惑うかもしれないが、バンガロールの搦め手上手さを象徴するようなUltなので、攻め手に欠ける局面だと起爆剤にもなるし、単純に逃げる時の悪あがきにも活用出来る、まさに攻守に秀でたUltとなっている。

総評+武装考察

全体的な評価:中級者向け

便利な事この上ないが、スモークランチャーとUltの効果が独特な為、Apexの仕組みや仕様は勿論の事、各種キャラクターが出来る事や特性を理解した上で真価を発揮できるロールかもしれない。逆に使いこなせるようになれば、野良チームでも有り難がられる事間違い無しだ。

戦況の把握と迅速な対応が求められる為、武装は片方を中距離射程以上で設定した方が望ましいだろう。慣れたらバンガロールたった一人で場をかき乱す事だって夢じゃない。プライド高いエリート軍人らしく、ルーキーを手玉にしてスパルタに扱いてやろう。

追記:

パッチでセリフが追加。武器や軍需品にpingした際、武装の特徴や効果などを説明してくれるようになった。この仕様は現状バンガロールとオクタンのみ。ルーキーにとっては頼もしい限りだろう。

 

次回⇒ブラッドハウンド

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...