血を吸う大地のよろずブログ

映画&ゲームのマイナータイトル,サルベージ中……サルベージ中……

【ApexLegends】ライフライン解説+感想

闘う衛生兵『ライフライン』

前⇐ジブラルタル…現在地…次⇒バンガロール

 

ApexLegendsキャラクター解説第二弾。今日はライフライン。

戦時下ビジネスで稼いだ成金一家の箱入り娘アジェイ・チェだったが、しばらくして自身のルーツを知る事となる。その後、不自由の無い日々の暮らしを捨て、ApexLegendsに参加する傍ら、慈善活動家として生きる道を見出す。生意気な口調が鼻につくものの、チームを守るためならば、酷薄な手段にも迷わず訴えるその覚悟と腕前は本物。

しかして、そのルックスは……

戦地でも輝く青山テルマの画像

青 山 テ ル マ。

今月から正式にApexのシーズン1が開始というアナウンスに加え、これ以降に追加されるであろう新キャラ配布と同時に、大なり小なり強化or弱体化でゲームバランスが変更されるハズ。そして彼女が、その指標のひとつになると予想されている。

と言うのもこのライフライン、現環境に置いて必須ピックとされる程、アビリティが強力な仕上がり。ApexLegendsは皆さん御存じ、バトルロイヤル形式のゲームだ。誰よりも強く、そして最後まで生き残りたい!となった場合、当然あちこち駆けずり回ってアイテムと武器を揃え、最期の最期まで武装の厳選をしなければならない。

が、ライフラインとなった場合は話は別。こいつは何と、

リソースゼロで回復と武装強化が両立出来る‼

勿論、クールタイムの重さこそネックではあるが、どっこいApexは野良でも連携しやすいpingシステムのおかげで、ライフラインの短所をある程度補える。運要素も絡むバトロワゲーで、チームにライフラインがひとり居てくれれば「ヤバい!もう生存者30人切ってるのにアーマーもヘルメットも無い!武器に至ってはモザンビーク二丁しか持ってない!!」みたいな最悪な状況をたちまち払拭出来るのである!

そんなワケで、戦地でライフラインは今日も大人気。この状況を「アンフェアだ!」というプレイヤーも居れば、「初心者でも敷居が低くてバトロワを楽しめるし、そこまで"壊れ"ってワケでもないだろ」という声もあり、賛否両論。何であれ今後のアップグレードで、このキャラクターだけは絶え間なく開発チームの手が加えられる事だろう。

それでは早速、ライフラインのアビリティをご紹介しよう。

◎パッシブスキル:戦う衛生兵

戦う衛生兵の画像

ダウンした味方キャラクターを蘇生する際、前方にシールドを展開して保護。更に蘇生&回復アイテム両方に掛かる時間をそこそこカットする。

通常の蘇生時間:7秒⇒5秒に短縮

全ての回復アイテム使用時間:25%短縮

『アルティメット促進剤』は短縮不可能。アイテム使用は概ね、1~3秒程短くなっており、特に『注射器』『シールドセル』の二つは敵チームが近くにいて「敵を迎撃しないと!でもその前にとりあえず回復したい!」と言ったどん詰まりの状況でも、より自力でのリカバリーが利きやすくなっている。

蘇生時間の短縮も地味にありがたく、味方に駆けよる事が難しい場面であっても、ダウンした味方を敵が見放した隙に強引に引き起こす事も出来るし、ジブラルタルやバンガロールのアビリティ、レイスのUlt等を重ねればより確実に持ち直せるだろう。

もちろん蘇生したからと言って、安心出来ないのでキチンと自チームが回復するまで油断は禁物。シールドはありがたいが目立つので、敵に「蘇生中です!」とアピールしてしまう点も注意!シールドの内側に入られたら太刀打ち出来ないので、味方を蘇生する際は、焦らず周囲に気を配ろう。

◎戦術アビリティ:D.O.Cヒールドローン

D.O.Cヒールドローンの画像

効果時間:20秒

クールタイム:60秒

ライフラインがぶっ壊れキャラと目される要因、その一。

亀型ドローンを展開、ダメージを負ったキャラにドクンドクンと蛍光グリーンに脈打つケーブルを接続してヘルスを回復。回復量は200~250程度と思われる。尚、このアビリティを使用しても蘇生できるし、ちゃんとシールドも付く。

注意点として、クールタイムの重さ、ドローンはその場から全く動かない事、敵側もドローンを利用出来る事を忘れずに。

とにかく出し得なアビリティ。回復アイテムが乏しいパーティであっても、コレさえあれば物資の負担を大きく減らせるし、ダメージを食らってもチーム全体の立て直しが簡単に行える。また常時スリップダメージが入るリング圏内であっても、注射器と合わせれば図太く耐久出来る点も敵チームにとっては脅威になる。ライフラインをピックした際は、自チームの状態を見て適時使用し、アビリティの回転率を上げていきたい。

◎Ult:ケアパッケージ

ケアパッケージの画像

ライフラインがぶっ壊れキャラと目される要因、その二。

天空からケアパッケージを要請。パッケージはマップにランダムで投下されるモノと同じく三面展開する。良く見るとガワのアイコンがライフラインと同じ。Ult発動までの時間がとにかく重い為、アルティメット促進剤は基本ライフラインが食う事になるだろう。当たり前だが、敵にもハッキリ見えるしパッケージの中身をスられる事だってありえるので、発動する場合は周りによく気を配ろう。

セット内容は概ね、以下の通り。

注射器 or シールドセル

ヘルメット or アーマー

グレードレアスーパーレア

オプティクスホップアップ等、各種軍需品

グレードレアレジェンダリー

 

コチラが基本的なセット内容。通常のものと違い、基本的に銃は入っておらず、レジェンダリーも軍需品は例外だが、基本は排出されない。武装強化もしたいが、マスティフクレーバーも欲しいとなった場合、マップで粘ってランダムで落ちてくるパッケージを狙おう。軍需品は幅広く、拡張マガジンやサイト等の基本的なモノから、ターボチャージャーセレクトファイアスカルピアサーなんかも入ってるのでとにかく頼もしい。

また注射器とバッテリーセルが入るスペースは場合によっては上位アイテムのバッテリーが入ってたりもする。自分が見つけて無いだけでフェニックスキットが入ってる事もあったかもしれない。

とにかく中盤戦以降、ライフラインがパーティに居るか、そしてUltを積極的に使ってるかどうかでゲームメイクが様変わりしてくる。バトロワゲーで陥りがちな「一応生き残ってるはいるけど装備がショボい」みたいな状況を、自力で刷新出来る点が強力過ぎる。軍需品の内容云々で、自チームの武器選択がより自由になる点も凄まじい。上記のアビリティと合わせ、チームプレーで活きる要素が多いので積極的に使いたい所。

総評+武装考察

全体的な評価:初心者から上級者まで

とにかくアビリティだけで回復とギアアップが行えるシナジーが強力なキャラクター。アサルトロールと違い、攻撃的なアビリティが無い一方で、ライフラインがUlt使うだけでチームがメキメキ武装強化されるのでプレイヤーからの信頼も厚い。

戦闘に参加しづらい初心者でも、アビリティとUltの管理でチームの延命に貢献出来る点はかなりユーザーフレンドリーだし、上級者であれば尚更戦う衛生兵として戦地に名を轟かせる事が出来るハズだ。パッケージを使えば装備出来る武器にバラエティを持たせる事も出来るので、あらゆる銃器に対応出来る点も魅力のひとつ。

一方、これらの要素を鑑みて「流石にバランス悪過ぎ、やり過ぎ」「どのチームでもライフラインが必須ピックになってる、飽きる」等の声もある。今後、開発チームがどういったゲームデザインでバランス調整を行うか、様子見する必要もあるだろう。

ともかく、ライフラインはチームを強力にアシスト出来る優秀なキャラクター。このロールを使いこなせれば、王者の名をもうキミの物!!…かも…

 

次⇒バンガロール